余裕

September 11, 2018

すっかり秋らしい気候になった。

 

最近クラリネットを始めた。

 

東ヨーロッパ、ドイツやハンガリーでは

今もサクソフォンとクラリネットを通常に持ち替えたりすることがあるのだが

だからといって決してどちらかのクオリティが下がるということはなく

むしろブダペストサクソフォンカルテットなどは

他に類を見ない素晴らしいサウンドとアンサンブルを聴かせてくれる。

 

西欧ではどうなのだろう?

現時点、個人的には、西欧ではサクソフォン独自の音色を追求し

結果として今の素晴らしき西欧サクソフォンのサウンドが完成していると思う。

 

東欧では、うーん、きっと昔気質の地域なのだろうか

良く言えば伝統あるサウンドに溶け込めるようなサクソフォンの音色が演奏されている。

 

正直に言って、自分の音色はそちら寄りだと思う。

だからと言って、劣等感も特別意識もない。ただそれだけということ。

 

どちらも本当に大好きで、きっとサックス以外の楽器にも東西の違いはあって

それをどちらが正しいとかどちらか至上主義ではなく

あのときはこれがいいよね、などと言える余裕があると良いなと思う。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

January 22, 2020

August 25, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトSoundCloudがアイコン

© Tadayoshi Kusakabe, 2015-2020